Information

【終了しました】8月22日:オンライン夏期セミナー「全国初埼玉県ケアラー支援条例はなぜできた その狙いは」

下記オンラインセミナーは終了しました。

参加者のみなさま、ありがとうございました。

 

こちらのフォーム

より、アンケートを受け付けております。

どうぞよろしくお願いいたします。

8月22日にオンラインセミナーを開催します。

埼玉県ケアラー支援条例制定の背景、内容などを条例制定の立役者である埼玉県議会議員の吉良英敏さんに語っていただきます。

※埼玉県ケアラー支援条例は、こちらよりダウンロードできます。

 

●日時:2020年8月22日(土)14:00~15:30

●オンライン開催:zoomを利用

●講師:吉良英敏さん(埼玉県議会議員・自民党ケアラー支援条例PT事務局長)

●参加費:2000円(会員・ケアラー・学生は1000円)

●参加対象:どなたでも  ●定員:100名

●申込フォーム

こちらからお願いします。

●参加費:2000円(会員、ケアラー、学生は1000円) 

 

【参加の流れ】

申込フォームよりお申し込み

(申込内容が自動返信メールで届きます)

②フォーム記入後、以下の口座に参加費をお振込みください。

銀行振込 みずほ銀行新宿中央支店    

口座番号:2958743(普通)

口座名:一般社団法人日本ケアラー連盟

 

③お振込確認後、参加URLのメールを送らせていただきます

④当日、参加URLにアクセスし、zoomを起動

 *事前にzoomの使用環境をご準備ください

 

●このセミナーは、公益財団法人キリン福祉財団の助成を受けて実施します。

 

お問合せ:info@carersjapan.com

2020.7.13 事務所移転のお知らせ

事務所を移転しました。

【新住所】

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-18-10 橋場コーポ302号室

厚生労働省HPに「ケアラーのバトン」(緊急引継ぎシート)が掲載されました!

加藤厚生労働大臣への要望時にお約束していただいた通り、厚生労働省のHPに「在宅介護家族の皆様へのQ&A」の中に緊急情報サイトとして、ケアラー連盟のHPならびに緊急引継ぎシートが紐づけされました。
国として、緊急引継ぎシート(ケアラーのバトン)を推奨されたということになります。

厚労省のHPはこちらから

------------------------------------------------------------
「3-問3 今回の新型コロナウイルスの影響下で不安を抱えながら自宅でご家族介護をされている方はどこにご相談したらよいでしょうか?」
■新型コロナウイルス感染拡大に伴うケアラーのための緊急情報サイト(一般社団法人日本ケアラー連盟ホームページ)
https://carersjapan.jimdofree.com/新型コロナウイルス関連/
緊急引継ぎシートの様式が掲載されています。ご活用ください。
-------------------------------------------------------------
引き続き、多くのケアラーの方々の声を反映した提案や要望を国や自治体に届けてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2020年6月2日 要望書を大臣に提出しました

「新型コロナウイルス感染症にかかるケアラー(家族介護者等)と要介護者等への緊急支援対策への要望」を西村大臣、加藤大臣に手渡しました。
 


2020年6月2日、「埼玉県ケアラー条例」制定でもご尽力いただいた野中厚「自由民主党ケアラー議員連盟」事務局長(衆議院議員)にご調整いただき、河村建夫議連会長(衆議院議員)とともに西村康稔新型コロナウイルス感染症対策担当大臣、加藤勝信厚生労働大臣、橋本岳副大臣(議連幹事長)へ下記要望を提出しました。

連盟からは堀越栄子代表理事、牧野史子代表理事、中嶋圭子理事が出席しました。

 

新型コロナウイルス感染に係るケアラー(家族介護者等)と要介護者等への緊急支援対策についての要望

 

河村会長が議連からのご要望をご説明された後、連盟からも「ケアラーのバトン」の自治体への周知や「ケアラーの情報サイト設置」等の要望をお伝えし、意見交換をいたしました。
両大臣ともに、緊急時ケアラー支援やヤングケアラー支援について理解を示され、加藤大臣は今後厚労省のHPでケアラー関連の項目をつくるなど老健局に指示されていることも分かりました。
 

新型コロナウイルス感染拡大とケアラーに関する緊急アンケート (Web版)の結果について

日本ケアラー連盟は、3月21日から10日間、Web上で「新型コロナウイルス感染拡大とケアラーに関する緊急アンケート」を実施しました。
速報がまとまりましたので、公開します。(下記をクリックし、ダウンロードできます)

新型コロナウイルス感染拡大とケアラーに関する緊急アンケート(速報訂正版)

※P3「介護者の続柄」において、「義母・義父」が「養母・養父」となっており、訂正しました。(2020.5.6)


新型コロナウイルス感染拡大とケアラーに関する緊急アンケート(速報概要版)

※報道関係者の方へ:アンケート結果を引用される場合は、info@carersjapan.comまでご一報ください。

※ダウンロードがうまくいかない場合、info@carersjapan.comまでご連絡ください。PDFをお送りいたします。

新型コロナウイルス感染拡大に伴うケアラーのための緊急情報サイトを開設しました

当HP内に「新型コロナウイルス感染拡大に伴うケアラーのための緊急情報サイト」を開設しました。

緊急引継ぎシートなどを掲載しています。

【新型コロナウイルス感染拡大に伴う業務の変更について】
日本ケアラー連盟では、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、スタッフの出勤日数を減らすなどの対応をしております。また、今後の感染拡大状況によって、在宅ワークとなる可能性もございます。
今後の業務対応ですが、下記のとおりです。
1.ケアラー手帳その他の発送物の発送業務が遅れる可能性があります。大幅に遅れる場合は、その旨ご連絡いたします。
2.電話対応は、毎週金曜日の13時~17時となっておりますが、基本的に留守番電話の対応とさせていただきます。留守番電話にお名前と電話番号を入れていただければ、折り返しお電話いたします。
3.電話やFAXの場合、迅速な対応ができない場合がございます。緊急の要件は、日本ケアラー連盟のメールアドレスに送信してください。info@carersjapan.com
どうぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症の一刻も早い収束を願っております。
                                                                                                                               2020年4月3日 日本ケアラー連盟

2020年3月27日 全国初 埼玉県で「ケアラー支援条例」が成立しました

3月27日、埼玉県議会において、全会一致でケアラー支援条例案が可決・成立しました。
全国初の「ケアラー支援条例」です。
日本ケアラー連盟は、同日、条例成立に関する声明文を出しました。
また、新型コロナウイルスに関する緊急アンケートで集まっている意見をもとに緊急アピールを出しております。

同日、可決したケアラー支援条例案とともに、データを掲載します。(クリックすればデータが開きます)

 

●ケアラー支援条例案  ●声明文  ●緊急アピール

 

マンスリーサポーター、始めました。

日本ケアラー連盟は、2010年の発足から今日まで、「ケアラー支援法・支援条例」の制定をめざして政策提言やキャンペーン活動を行ってきました。ケアラーの実態やヤングケアラーの存在がメディアでとりあげられるようになり、国会や多くの地方議会でケアラー支援の必要性が訴えられるようになるなど、大きな成果を残すことができました。日本ケアラー連盟は、多様なケアラーの支援をめざし、さらに活動をすすめていきたいと考えています。  

今までは、単回での形でのご支援をお願いしておりましたが、2019年7月より、「マンスリーサポーター」という形でのご支援をお願いすることになりました。

マンスリーサポーターはクレジットカードを使って毎月定額のご支援をいただくサポーター制度です。毎月のご支援はスタッフの励みになるとともに、長期的視野での運営を行うことができ、貴重です。

申込みには、用紙記入や、銀行引き落としなどの手続きは必要なく、クレジットカードとネットにアクセスできる機器(スマートフォンやパソコン)だけでお申込みが可能です。毎月500円から、いつでも開始できて、ご自身の都合でいつでもやめられます。

 

あなたの毎月500円の寄付金は、日本ケアラー連盟の調査研究活動や政策提言のために活用させていただきます。

ぜひご協力をお願いします。(今まで通り、単回での形のご寄付も受け付けております。)

※下のバナーをクリックし、申し込みフォームからお申込みください。

(月額500円のコースから選択し、メールアドレス、ご住所、クレジットカード情報などを記入し、お申込みができます)

 

ケアラー実態調査

ケアラーの実態を把握し、総合的に支援する仕組みや施策の創造を目指して調査研究を行っています。

介護者支援法

ケアラーの支援を実現するため根本的な仕組みである支援法制定や政策実現を目指して活動しています。

ケアラー支援フォーラム

活動報告とともに、ケアラーへの情報提供、ケアラーへの理解を広めるためのフォーラムなどを開催しています。